読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

基元節は、神様の夢が地上に実体化し神様の摂理と人類歴史における新しい時代を宣布する日


2013年2月12日の顕進様の公開書信

「基元節の意義」に関し全ての祝福中心家庭に送る書信-1

全世界の統一コミュニティの皆さんへ


第一部:序論/背景 

私は、基元節に近づいている今、非常に深刻、かつ切迫した思いで、この手紙を書いています 

私達は、既に先天時代を過ぎて、後天時代に入りました

それは、神様の本来の理想を実現することのできる時代、また実現しなければならない時代です 

基元節は、創造原理に説かれている神様の夢が

地上に最終的に実体化するという

神様の摂理と人類歴史における新しい時代を宣布する日となるべきでした

神様は人類歴史を通して、この日を迎えるために熱心に準備をしてこられました

その日は、神様の人類始祖アダムとエバに対する期待が

勝利的に実体化された真の家庭が登場する、摂理的転換の時となるべきでした

そして、この理想家庭の勝利的基台を中心として

神様の真の愛、真の生命と真の血統が繁栄し、家庭から氏族、国家、世界へと拡大してゆくはずでした

神様の真の愛の主権が全人類に広がり、神様の下の一家族の夢が実現される日となるはずでした 

このような天の願いをご存じだったお父様は

この摂理の目的を成し遂げて、神様の心情を解放するために

揺るぎない孝行心で人生の全てを捧げてこられました

平和神経第一章の

「神様の理想家庭と平和理想世界王国」

というタイトルに表現されているように、お父様は、永遠の平和のための勝利的基台として

この地上に真の父母と真の家庭の実体的定着を神様に捧げる道を追求してこられました

それと同時に、神様の実体的主権としての平和理想世界王国

即ち天一国の開門を可能ならしめるために、祝福中心家庭と平和大使達を通して

世界的カイン圏とアベル圏を一つにしようとしてこられました



2015/01/05 ブログより




最後の決戦です

http://tomutomud3.hatenablog.com/entry/2016/04/05/110457