読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

統一家の混乱を克服する為の統全的理解(6)- ②-1 善側か悪側かを決定する中間位置

統一家、世界に向かって飛翔しろ

-言及する理由-1

<はじめに>

...........................................................................

人は自分のいる位置が善であるか悪であるかによって

善側か悪側かを決定しなければならない中間の位置にいます

また

善なる方向に行くのか?

悪なる方向に行くのか?

ということも第3者の力を借りて決定するものではなく

自らの判断によって決定すべきものです

責任分担を果たすことができず堕落した人間の子孫となった私達は

必ずこれを決定しなければならない重大な岐路にあることを知らなければなりません

資料:み言選集29巻-333ページ 1970.3.14)

では、どれが真であり、どれが偽りなのかは、どのようにして見分けることができるのでしょうか?

その時は神様も偽りを教えては下さりません

神様がどれが真であるのかを教えて下さった後は

その反対に、偽りだと教えて下さらなければなりません

したがって、人間自ら分別しなければならないし

人間自ら決めなければならないし

人間自ら立てなければなりません

資料:世界経典 564

...........................................................................

私は、統一家の混乱の背後には、教権勢力に利用されている方がいらっしゃることを知っていた

私が恣意的に天一国の国恥日であると指称した束草3⋅8事件の時

現場にいらっしゃった方のみ言と

2010年に漢南洞公館で語られたみ言を通して

教権勢力に利用されていることがわかった

その時、お父様は地上にいらっしゃった

顯進様は誰よりも心配された

顯進様がお会いする為に精誠を尽くされ

また直接、訪ね、どれほど危険な立場におられるのかも十分に話されたことだろうと思う

その後、顯進様は、お父様のみ旨と摂理についての顯進様の率直な立場を書面で送られたことを知っている

私の考えでは、顯進様がお会いすることによって

摂理の問題を解決することは難しいのではないかと思う

顯進様がお会いになられる立場が違うからである

顯進様は摂理的な天情を中心として会おうとされるが

人情を中心に顯進様を説得しようとされるからである

その為、難しいと思われる

2014年の後半から、私は、それまで顯進様の摂理路線を支持する指導者たちに

当惑された立場を今は祝福家庭に露出させるべき時である

という私の意志を間接的に例えをもって表明したことがあった

その度に違うという言葉を聞いた

私は「統一家の混乱を克服する為の統全的理解」というテーマで文を書いているが

私の文に対し、心配される方も多くいる

もちろん批判的に

ここまで統一教会の内部事情を露出させなければならないのかという立場からである

文を書くことを中断しろというメッセージもたくさん貰った

しかし、コミュニケーションというものを無視した一方的な主張だったので無視した

その後、私の文に対し、顯進様の摂理路線を支持する方々の中からも

心配する人が多いことが分かった

私に直接電話で意見を述べた方は二人だけであり、意見される方が誰なのかは分からなかったが

心配される立場に対し理解できる部分もあった


2015.5.21金容成会長ブログより


「統一家の混乱を克服する為の統全的理解」最初から

http://s.ameblo.jp/tomutomud/entry-12113181205.html?frm=theme

最後の決戦です

http://tomutomud3.hatenablog.com/entry/2016/04/05/110457