読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

統一家を愚民化する戦略的道具

金容成さんのブログ 50-2

教権勢力の陰凶な武器 - 絶対服従 - 2

お父様による絶対服従の教えは、み言の中に連綿と流れる核心的教えの中の核心である

教権勢力は率先して、偽装された絶対服従の演出によりお父様からの信頼を構築してきた

その信頼をもとにお父様の権威と位相を利用し

お父様の代身として摂理現場において食口に絶対服従させることにより、権威と力を得ることに成功した

この「絶対服従」という語彙は、民主主義的な考え方に順治された知識人たちには強い拒否感を感じさせる語彙である

言葉の中に言及されている「絶対服従」という語彙は、通常、対人関係に適用する絶対屈従を意味するものではない

上の者の言葉を下の者が機械的に受け入れなければならないという独裁権力時代の強圧的な専用語彙ではない

摂理に無知な食口は、教権勢力の「お父様に絶対服従しなければならない」という高度の扇動戦略に空しくも呑まれた

教権勢力はこの高度に歪曲された扇動戦略が、統一家における一般的で普遍的な文化として固着されるように全力を尽くした

彼らの努力は成功した

このような過程を経て、この「絶対服従」という語彙は統一家を愚民化する戦略的道具となり

統一家の混乱はこの歪曲された「絶対服従」の文化と共に出発した

食口たちは、この「絶対服従」の摂理的概念を正しく理解しなければならない

お父様は絶対服従の意味をどのように説かれたのだろうか?

食口たちが考えてきた日常的なお父様のみ言に絶対服従しなければならないというような意味での絶対服従ではない

..............................................................

先生は今まで「先生の言葉に絶対服従しなさい」とはしませんでした

私達は、歴史的な路程に順応していかなければなりません 

歴史的な路程が何かというと、神様の為の摂理的な歴史路程です

今まで皆さんに復帰摂理路程を教えてきたのは、そのような意味でです

統一教会の文先生の為に教えてきたのではありません

したがって、先生も行くのです

主体となる神様の目的と相対となる人類の目的に向かって行くのです

これが結論であることが、今日、この時代の統一教会が主張する統一原理であり

統一思想であることを知らなければなりません

資料:み言選集71巻-66ページ1974.4.28 <混乱と分裂と統一>

..............................................................

お父様が食口たちに教えた絶対服従の意味は、決してお父様の日常的な言葉に絶対服従しなさいという意味ではない

お父様が教えてくださったみ言の原則、すなわち復帰摂理の原則、原理の教え、天聖経の教え、統一思想

明らかにされた天道に絶対服従しなさいという意味であることを明確にされた

絶対服従に対するお父様のこのような観点を食口たちは留意すべきであった

お父様は多くのみ言を通して、神様が立てられた天道と法則と原則に神様自らが絶対服従されるので神様こそが絶対服従の手本を見せられたと語られた

神様の何に絶対服従するのか?

神様が創られた被造世界の天理と法の原則に絶対服従される

お父様も同じである

時空圏の制約を受けるお父様の日常的なみ言の中には、事実ではない部分もあり得る

私達はこのようなことを受け入れなければならない

このようなことでお父様の位相を落とすわけにはいかない

さらに指導者が歪曲された報告をすれば、その歪曲された報告をもとに語られる内容は、真実であるとはいえない

このようなことはいくらでも現実に起こり得ることである



2015.9.16ブログより



最後のサタンとの戦いです

各自40日サタン分立期間を立てて出発しましょう

2016年は深刻です