読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3・8束草事件の6大嘘

教権勢力が企画した <3・8束草事件> 6大嘘

2009年3月8日当時

1 . 教権勢力が公開した現場を録画したビデオと

2 . 信徒対策委員会の扇動家が主張した内容

3 . み言選集609巻を通して

顯進様がどのような過ちをして

2009年3月8日にお父様からすべての公職を剥奪されたのかが分かる

上記の三つの資料を根拠とし、2009年3月8日

お父様がなぜ顯進様から公職を剥奪されたのかを明らかにしたい

当時、お父様が顯進様を叱責された事例は6つある

私は神様とお父様を軽視したこの嘘を

3・8束草事件の6大嘘と命名したい

<3・8束草事件の6大嘘>


一つ目

真の父母様を差し置いて顯進様が真の父母であると僭称した

【僭称(せんしょう)本人の身分を越えた地位称号を名乗ること】

資料:み言選集 609巻154ページ2009.3.9 天正宮(1)
資料:み言選集 609巻149ページ2009.3.9 天正宮 資料:金孝律氏の主張 世界指導者大会 遊天宮事件声明文から抜粋 2010.2.22


二つ目

顯進様は脱線した
(お母様) 
顯進様は妻が3~4人もいる放蕩息子である
(お父様)

資料:み言選集 609巻138ページ2009.3.8 お母様の主張(2)
資料; http://cafe.daum.net/tongilgyoyeouidoSJ/mWK1/899
資料; http://cafe.daum.net/tongilgyoyeouidoSJ/mWK1/1549
資料:ジョン・ドンチョル 12.08.30 信徒対策委員会
資料:http://cafe.daum.net/tongilgyoyeouidoSJ/fg5R/2873 コメント 2012.6.20 ユ・ジュンサン提供


三つ目

顯進様は統一家で徒党を組んだ

資料:み言選集 609巻153ページ2009.3.9 天正宮(3)


四つ目

顯進様はアメリカ理事会を勝手に主管した

資料:み言選集 609巻137ページ2009.3.8 束草天正苑(4)


五つ目

顯進様の超宗教平和運動は摂理とみ旨の為のものではない。私的な活動である

資料:http://cafe.daum.net/tongilgyoyeouidoSJ/mWK1/398
ビデオ提供 信対委(5)


六つ目

亨進様と國進様は顯進様に間違ったことはしていない

むしろ顯進様を助けた

亨進様は道人である

なぜ真の家庭に血の涙を流させるのか?

資料:http://cafe.daum.net/tongilgyoyeouidoSJ/mWK1/398
ビデオ提供 信対委(6)
資料:http://cafe.daum.net/tongilgyoyeouidoSJ/mRnK/653
「束草霊界メッセージ事件」の真実2011.11.20 梁昌植氏の主張

..................................................................

亨進様と國進様そしてお母様を中心とした教権勢力が

最悪の非人間的蛮行を犯した2009年3月8日

統一家は極めて平和な時であった

統一家の混乱という言葉自体がなかった時であり

真の子女様たちに関する様々な話も全くなかった時であった

もちろん、マスコミにも全く統一家の混乱が公開されていない時であった

今日、統一家の混乱を言及する時、教権勢力であろうとなかろうと

2009年3月8日の非人間的蛮行と

醜い2009年<3・8束草事件の6大嘘>の実態について言及する食口は一人もいない

統一家の混乱の諸悪の根源

2009年<3・8束草事件の6大嘘>にもかかわらず

この問題提起を通して偽りを究明しようとする教会指導者は誰もいない

結論として、上記の六つのお父様が顯進様を非難した事例の中から

たった一つでも真実の事例があるならば

顯進様は統一家の指導者となってはならない

かりに指導者となったとしても、誰一人として従う食口はいないだろう

当時のビデオを見ると、顯進様はお父様に

「指導者にもう一度聞いてみてください」

「真実を調べてほしい」

と訴えられたが

お父様は顯進様の声を無視されたと証言している

したがって、今、この偽りの究明は

祝福家庭の責任となってしまった

..................................................................

亨進様、國進様、金孝南訓母、お母様を中心とした教権勢力は

2009年<3・8束草事件6大嘘>

を一つ一つ解明されることを望む

前編でも触れたが、上記の六つのお父様が指摘された内容がもしも事実であるなら

顯進様は統一家の指導者になることができない

しかし上記の内容がもしもすべて嘘であれば

統一家の祝福家庭は必ずその真偽を明らかにし

神様とお父様、顯進様を解放してさしあげるべき立場にある



一つ目の真の父母僭称については金孝律氏が言及した事項である


二つ目の脱線についてはお母様が言及された内容である


六つ目の道人に関する内容は梁昌植氏が言及した内容である


梁昌植会長は自ら亨進様を強く道人であるとした。1)

1)資料:http://cafe.daum.net/tongilgyoyeouidoSJ/mRnK/653
「束草霊界メッセージ事件」の真実2011.11.20 梁昌植会長

上記の内容を見ても

お父様が顯進様からすべての公職を剥奪されながら叱責された内容は

お父様自らが認知されたものではなく

亨進様と國進様そしてお母様を前面に立てた教権勢力の口から出た内容である

すでに明らかになっているのは

お母様、金孝律、梁昌植氏の3人である

これを否定することができるのだろうか?


第一、真の父母僭称に関しては

金孝律補佐官に重く責任を問わなければならない

名誉毀損とかいった法的責任を問わなければならないのではいかとも考える

本人自らが統一家において真の父母僭称をする者がいると

世界指導者集会で顯進様を言及したからである

その実体を明らかにしなければならない



第二、顯進様の脱線問題は

その発源地がお母様である

この問題は、お母様が明らかにされなければならない

お母様は顯進様の絶対性に関連して、2回、語られた

最初の、お母様による顯進様の絶対性の言及は

2009年3月8日、束草において500人の指導者が注視する天正苑で語られた

その日は、霊界から孝進様が送られたという霊界メッセージを発表された日であり

核心内容は、すべての真の子女様は亨進様に絶対服従しなければならないという内容であった

この発表が終わった後、お父様はお母様に、この措置に関する立場を発表するようにと語られた

お母様はその場で、絶対性の原則から見た時

亨進様が真の子女様たちの中心にならなければならない

という孝進様からの霊界メッセージは正しいと証言された

これは、顯進様は絶対性に問題があるという話である



二回目の、お母様による顯進様の絶対性の言及は、2010年である

2010年、お母様自らが漢南洞の公館に36家庭を集め

顯進様の脱線を既成事実として発表され

統一教会信徒対策委員会は、学舎教区長出身のジョン・ドンチョル氏をして

この事実を根拠に顯進様の脱線を既成事実として広報し、扇動することに成功した

お母様は、自らが顯進様の脱線を言及されたので

お母様が顯進様の脱線を明白に解明されなければならない

お母様は、2009年2月22日まで

お父様が顯進様を絶対信頼され

2009年2月27日から2009年5月15日まで

世界194カ国超宗教平和運動特別巡回を命じられたことをよくご存知のはずである

顯進様は、その指示に絶対服従の道理で責任を遂行される中

2009年3月8日、束草に呼び出され

何もわけも分からないまま、すべての公職を剥奪された

お母様が、もしも、顯進様が脱線したという偽りをお父様に報告しなければ

顯進様の公職剥奪はなかったと見なければならない

お父様にとって絶対性の違反がどのような意味を持っているのかは

お母様が最もよくご存知のはずである

もしも、この問題を従来のように沈黙をもって有耶無耶(うやむや)にされるならば

将来、すべての責任はお母様自らが負わなければならない

お母様がすべての責任を持たなければならないということは

父子協助時代において

お父様の継代を継ぐ顯進様が、長子として摂理を主管されるという

お父様のみ言を廃棄処分する為に

意図的に何の罪もない顯進様を汚く醜い嘘で固め

顯進様の位置をお母様が簒奪する為に

偽りを流布したということを意味する
【簒奪(さんだつ):  本来君主の地位の継承資格が無い者が、君主の地位を奪取すること。あるいは継承資格の優先順位の低い者が、より高い者から君主の地位を奪取する事】
もしも、これが実際の状況であれば

お母様の摂理的な位相は消滅されるべき危険にさらされる可能性があるので

お母様はすべてを明らかにされなければならない

たとえ真の子女様や統一教会の側近からの報告を受けて

お父様に報告されたとしても責任を免れることはできないと思われる

2009年3月8日、当時の摂理的な状況がどのような時だったのだろうか?

顯進様がお父様の指示に従って2009年2月27日から2009年5月15日まで

世界194カ国超宗教平和運動特別巡回を成功裏に終えたなら

2013年1月13日の基元節摂理は勝利していただろうという事実を

お母様は絶対否定できないだろう

ならばお母様は、誰から報告を受けたとしても必ず顯進様を呼んで事実を確認すべきであったと思われる

ところが、顯進様本人に事実確認を一切せず

顯進様脱線を一方的に流布したこと自体、そのような思いがない限り有得ないことではないのか?

原理も何も知らないこの世の母親達に聞いて見ると良い

このようなことができるのだろうか…。

今日、統一家混乱の核心の中の核心が何かと言うと

罪のない顯進様を偽りをもって脱線というくびきに繋ぎ

2009年3月8日、統一家の摂理現場から追放したことではないのだろうか?

もしも、現教権勢力と牧会者が、最後まで、僕のごとく

この醜い偽りによる顯進様脱線という陰湿な攻撃に沈黙を守るなら

これは、顯進様を偽りで統一家に永遠に埋葬してしまおうという執念としか思われない

この顯進様の脱線問題の真偽は、決して真の家庭の構成員の威信と体面に関する問題ではない

統一家全体の名誉と道徳的権威の命運がかかった問題である

7年間、沈黙をもって終わらせてしまえる問題ではないという意味である

誰が偽りをお母様に報告したのかは必ず明らかにされなければならない

統一家はこの問題を解決しなくては一歩も前に進むことができない

現在、統一家において顯進様脱線の噂は

7年間、教権勢力の陰凶な戦略により真実と化している

信徒対策委員会の学舎教区長出身であるジョン・ドンチョル氏のような者を動員して

顯進様の脱線を既成事実として罵倒した6000双の家庭が

顯進様の後ろから剣を突き立てるといった事理に背く行動の責任は誰にかかっているのだろうか?

お母様ではないのだろうか?

資料; http://cafe.daum.net/tongilgyoyeouidoSJ/mWK1/899 
資料; http://cafe.daum.net/tongilgyoyeouidoSJ/mWK1/1549
資料:ジョン・ドンチョル 12.08.30 信徒対策委員会
資料:http://cafe.daum.net/tongilgyoyeouidoSJ/mWK1/1549

状況がこうであるにもかかわらず現在までの

亨進様、國進様、そしてお母様を中心とした教権勢力による沈黙は

それ自体が残酷で卑劣なカルト宗教家の策略

それ以上でもそれ以下でもないのではないだろうか?



第三、お父様に偽りの報告をした者が必ず存在するはずである

この問題は、お父様が最も警戒している内容として

顯進様が私的に徒党を組んだ実体を具体的に提示しなければならない


第四、金孝律氏と梁昌植氏はよく知っているのではないだろうか

この2人の指導者は、お父様の顯進様に対する

「アメリカ理事会に対し勝手なことをしてはいけない」

という叱責に対し責任をとらなければならない

この問題は、彼らが沈黙を守ろうが守るまいがすでに真実は明らかになった。悔い改めるべきである



第五、超宗教平和運動は公的な活動なのか?

私的な活動なのか?

に関する究明は簡単である

お父様が叱責された顯進様の超宗教平和運動

2007年~2008年の超宗教平和運動に限定される

お父様は、顯進様による2007年~2008年の超宗教平和運動を摂理的な活動であると絶賛され

2008年11月10日~11日、天正宮、ソウル・メリアットホテルで祝勝会まで開いて喜ばれた

この内容も教会はビデオを保管しているはずである

ところがお父様は、突然、わずか3ヶ月しかたっていない2009年3月8日、束草天正苑において

顯進様によるこの2007年~2008年の超宗教平和運動

「摂理現場からお父様の権威と位相を排除して顯進様が摂理の中心に立とうとする私的な活動である」

と叱責されながら、他のことと共に叱責され

顯進様からすべての公職をその場で剥奪された

したがって、2009年2月24日から2009年3月5日頃まで

誰がお父様に対し

顯進様による2007年~2008年の超宗教平和運動

反逆行為であるとしたのかを明らかにしなければならない

2007年~2008年の超宗教平和運動は、教権勢力が全員参加した

彼らは、顯進様による超宗教平和運動を目で見て、耳で全てを聞いた者たちであった

お父様も顯進様の超宗教平和運動に参加された

お父様が顯進様から公職を剥奪された2009年3月8日のわずか2ヶ月前まで

お父様は顯進様による2007~2008年の超宗教平和運動を絶賛された

顯進様による超宗教平和運動を統一家摂理史の新しい出発とまで祝福された

これに対する内容は、み言選集604巻に記録されている

資料:み言選集 604巻15ページ2008.12.01
資料:み言選集 604巻14ページ2008.12.01
資料:み言選集 604巻13ページ2008.12.01
資料:み言選集 604巻12ページ2008.12.01
資料:み言選集 604巻11ページ2008.12.01
資料:み言選集 604巻09ページ2008.12.01

顯進様の摂理的な超宗教平和運動が一体どうしてわずか2ヶ月をもって反逆行為に変身することができたのだろうか?

お父様は2009年2月20~22日まで、世界194カ国超宗教平和運動特別巡回を出発される5日前まで

アメリカ総会長としての責任の重さを言及され

顯進様の世界194カ国超宗教平和運動特別巡回路程を励まされた

ならばお父様は、2009年2月22日までは顯進様による2007年~2008年の超宗教平和運動について否定的な考えをされていなかったと見なければならない

お父様が顯進様による2007年~2008年の超宗教平和運動が反逆行為であると考えられたのは

2009年2月23日以降2009年3月5日頃までのわずか10日程である

これはわずか10日の間に

神様の摂理史に対する反逆勢力である亨進様、國進様、そしてお母様を中心とした教権勢力による

集団的な陰湿攻撃の報告があったことを実証する手がかりとなる

顯進様は、超宗教平和運動の世界舞台において、誰よりも常に

お父様の位相と権威を証明される活動をされた

この真実は、反逆勢力である亨進様、國進様、金孝律、お母様を中心とした教権勢力が

最も近い席で参加し、一番よく知っていた

これに関する実証的資料を提示する

金孝律、そしてお母様を中心とした教権勢力は、目を大きく開いて見てほしい

..................................................................



2016.1.31金容成会長ブログより


金容成会長ブログよりはじめから
↓ ↓ ↓ ↓
http://s.ameblo.jp/tomutomud/entry-12113181205.html?frm=theme




悔い改めと、愛と許しで一つになりましょう
クリック!
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会(家庭連合)へ
にほんブログ村