読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠された真実は真の家庭と教権勢力のみが共有

真の家庭と教権勢力のみが共有



テーマ:金容成さん


金容成さんのブログ 29-1

統一家、世界に向かって飛翔しろ

統一家の混乱を克服する為の統全的理解(9)-⑤

- 教権勢力の危機意識 2009.02.20-1

<はじめに>

統一家の混乱の核心は摂理の裏面に隠されていた

摂理の裏面に隠された反摂理の曲折と真実は、真の家庭と教権勢力のみが共有してきた

このような理由から一般の食口がこれまでにも混乱の顛末に関して全く知ることができなかった

教権勢力は、摂理の裏面に隠された真実が統一家全体に露出されることを負担に感じていたことだろう

今日、統一家の混乱を通して食口が見落としてはならない事案は

教権勢力が犯した反乱の実態を告発することだけに留まってはならない

統一家にこのような事態が生じた根本原因を真剣に考え直さなければならない

食口の意識が変わらない限り、現在の文化を改革することはできない

改革して新しく出発しなければ、今後、何度でも統一家の混乱は繰り返される

結局のところ食口が問題である

私達は統一家の混乱を通して何を学び、何を改革するのかという発展的体制を早急に設けなければならない

食口の歩む路程が将来、全人類が歩まなければならない公式路程であると自信を持って叫ぶことができるだろうか?

確信と信念を持って良心に照らし、一点の曇りもなく誇りを持って堂々と叫ぶことができるのかが核心である

食口として、この点についての明確なビジョンがなければ本当に悲しいことである

私は、統一家の混乱の問題だけでなくエリート層の統一運動に関しても

自分勝手で悲観的なマンネリに埋没し、平和改革運動の動力を喪失した人達を数多く見てきた

彼らは、統一家の平和改革運動を共にせず、統一家の混乱の問題に関しては両非論的な立場を取りながら上品なイメージを作ることに余念がない

このような食口に会えば、むしろ私の主張に青筋をたてて強弁する食口が私には本当の食口のように感じられる

今日、統一家がこのような次元に陥った原因は

教権勢力の反乱だけではない

統一家の多くのエリート層の無関心

計算された沈黙と幇助が混乱の元凶ではないかと思う

真実を究明し、偽りを明らかにすることを党派的な概念として片付けることに警戒する

真実を知っても責任を負うことは知らない

真実を知っても沈黙するなら

真実を知る者とは言えない

卑劣な幇助者であるだけである

....................................................................

1. 2009年2月は教権勢力にとって衝撃を受けた過酷な月であった

2008年、教権勢力は千辛万苦の末、アメリカ摂理の中枢的役割をしていた顯進様のアメリカ総会長職を剥奪することのできる世界会長を掌握した

世界会長として登極した亨進様は、顯進様が摂理現場においてどのような歩みをされて来られたのかを全て見てきた方である

亨進様は、顯進様が歩んで来られた摂理現場で何を見たのか?

1998年から公職を務め、お父様の下で摂理の中枢的役割を担ってこられた真実を全てご存知だったはずである

亨進様は摂理意識が薄く、お父様の権威と地位と価値について全く知らなかった時

兄である顯進様は、世界の摂理現場を回り、神様のみ旨と摂理の為に全力を尽くされ

お父様をサポートされていたことを全てご存知であったはずである

...................................................................

<1998 – 2004 顯進様の摂理現場における経歴>

1998.6.04:文顯進様ハーバードMBA卒業
1998.7.19:文顯進様、家庭連合世界副会長就任
2000.2.15:真の父母様、世界指導者会議で顯進様をW-CARP世界会長に任命
2000.3.31:文顯進様、W-CARP世界会長就任
2000.4.8:文顯進様、相続と発展、世界巡回講演、9カ国20都市巡回
2001.1.30:真の父母様、顯進様に40歳以下の教育と人事権を移譲
2001.2.25:真の父母様、48歳未満の指導者に対する権限を顯進様に移譲
文顯進様、世界平和青年連合世界会長に就任
2001 6-12:文顯進様、Service For Peace創設、世界巡回講演
2001.7.9-12:文顯進様、神様祖国定着大会 真の父母様随行
2001.12.13:第4次世界頂上会議で顯進様ご夫妻が真の父母様に平和の冠を奉呈
2004 3.23:真の父母様、世界平和の王戴冠式、顯進様ご夫妻が王冠を奉呈。アメリカ議会上院ビル

....................................................................

父子協助時代を明らかにされながら

摂理の長子として顯進様がお父様の継代を継がなければならないというお父様のみ言も亨進様は全て聞いたはずである

特に留意すべきことは、お父様は父子協助時代において、お父様の継代を継ぐという象徴的な権威である祝福執典権を顯進様に移譲され1)

お父様が祝福執典の特権を付与される祈祷をされ2)

翌日に地上では顯進様が祝福執典権を行使される3)

と語られたみ言を亨進様は明確に全て認知されているはずである

したがって、地上で祝福執典権の権限を持っておられる方は、顯進様が唯一であることも正確にご存知のはずである

1)資料:み言選集332巻 - 289ページ、2000.9.24
1)資料:み言選集332巻 - 290ページ、2000.9.24
1)資料:み言選集332巻 - 292ページ、2000.9.24
1)資料:み言選集332巻 - 293ページ、2000.9.24
1)資料:み言選集332巻 - 297ページ、2000.9.24
1)資料:み言選集332巻 - 299ページ、2000.9.24
2)資料:み言選集332巻 - 300ページ、2000.9.24
3)資料:み言選集333巻 - 98ページ、2000.9.25



2015.7.5ブログより


これを大きな声で語れば、所属している教会から追放されるかもしれません

静かに学び、伝えられる人に静かに伝え

与えられた環境の中で何ができるか考え、神様にたずね

時が来るのを待ちましょう

最後のサタンとの戦いです

2016年は深刻
↓ ↓ ↓ ↓
http://s.ameblo.jp/tomutomud/entry-12112781301.html

分裂はサタンの業、統一は神の業

顕進様と国進様と亨進様は分かれてはいけない

原理講論と聖書、お父様と、お母様と、顕進様と、国進様と、亨進様のみ言を学び、真のお母様の復帰のため一つになりましょう
クリック!
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会(家庭連合)へ
にほんブログ村