読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お父様の生涯において最後の大衆講演であり宣布

お父様の生涯において最後の大衆講演であり宣布



テーマ:金容成さん


金容成さんのブログ 16-5

統一家、世界に向かって飛翔しろ

統一家の混乱を克服する為の統全的理解(6)- ⑥

- 秘密の約束は21世紀の残酷な詐欺 - 5


お父様が2009年6月5日、お母様を心配されながらの

2013年1月13日までお母様の位置を確保しろというみ言を見ると

お父様は基元節までに

お母様が本来の位置で父子協助時代における長子である顯進様を受け入れ

顯進様から絶対服従されることを望まれたようだ

お母様に対するお父様の願いがどれほどのものだったか推察できる部分である

しかしお父様は2010年に入ると

お母様の変わらない態度を見て極度の不安を感じられた

基元節まで3年を残し

お父様とお母様が完全に一つになった基盤の上に

天地人真の父母定着」

を天の前に奉献し、世の中に宣布しなければならない最後の責任が残っていたからである

お父様の生涯において最後の大衆講演であり宣布である

天地人真の父母定着実体み言宣布天宙大会」がそれである

天地人真の父母が地上に定着し

天地人真の父母が実体としてみ言を宣布しなければならない日が基元節である

すでに述べたように

天地人真の父母定着実体み言宣布天宙大会」

を開くことのできる絶対条件は

お父様とお母様が神様のみ旨と摂理と心情の前に完全に一体となることであった

天地人真の父母という言葉は

お父様とお母様が一つになれなくては成立することができない

この基盤の上に、基元節に摂理が要求する「聖婚式」があるからである

2009年7月13日、お父様の

「お母様がいらっしゃらないのでお父様が真の父母になることができない」

というみ言は、お母様がお父様と一つになっていなかったという決定的なみ言である

さらに、お父様が90歳になって

新たにお母様を作っておられるというみ言は

お母様に対するお父様の困惑した心情をそのまま露出させているみ言である

基元節を目の前に、お父様はこの問題が最も大きな心配であった

お父様とお母様が完全一体となられ

摂理が要求する天地人真の父母定着を宣布し

真の家庭全体が原理的総観の立場から1つになってこそ

天が認める基元節を成すことができるからであった

この基盤の上に真の父母様が第3次聖婚式を成すことによって

天地人真の父母位を確定されると同時に

神様も縦的な真の父母位を完結し

被造世界を実体的に主観されることにより

2013年1月13日の基元節が

人類神文明圈が出発する起点となるものであった

しかし問題は、お父様とお母様が実際に一つになれなかったというこの明確な事実ゆえに

お父様は苦しまれ

その心情は言葉で表現することができず、痛みそのものだった

そのようなお父様の立場を統一家の食口は誰も理解できなかった


2015.6.4ブログより


これを大きな声で語れば、所属している教会から追放されるかもしれません

静かに学び、伝えられる人に静かに伝え

与えられた環境の中で何ができるか考え、神様にたずね

時が来るのを待ちましょう

最後のサタンとの戦いです

2016年は深刻
↓ ↓ ↓ ↓
http://s.ameblo.jp/tomutomud/entry-12112781301.html

分裂はサタンの業、統一は神の業

顕進様と国進様と亨進様は分かれてはいけない

原理講論と聖書、お父様と、お母様と、顕進様と、国進様と、亨進様のみ言を学び、真のお母様の復帰のため一つになりましょう
クリック!
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会(家庭連合)へ
にほんブログ村