読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠なる神様の摂理の根本的継代

サタンの天下は崩れなければならない


テーマ:金容成さん

金容成さんのブログ 8-5

統一家、世界に向かって飛翔しろ

統一家の混乱を克服する為の統全的理解(5)-③

-父子協助時代、出発から不安だった-5


2.父子協助時代最大の関心は長子冊封

父子協助時代はお父様と長子が摂理を経綸する時代である

縦的には神様とお父様が摂理を経綸するものである

横的にはお父様を摂理の中心として侍り、長孫と共に摂理を経綸する時代である

神様の摂理の中には、この基本的な枠組み

すなわち父子協助体制(父と長孫)は、永遠なる神様の摂理の根本的継代である

誰もこの枠組みを変えることはできないと思われる

これに関してお父様は1986年1月、長子に関して言及されたとおり

天が立てた長子権に反対すれば、誰彼を問わず、獄殺撲殺されると表現されながら

神様の長子摂理に関して強い意志を表明された

これに関するみ言を以下に紹介する

...............................................................................

<長子に反対すれば獄殺撲殺される。それが原理観である>

世界的にサタンを愛した条件だけ立てたならば、私に従う全ての人はサタンが連れて行けないといのです

では、どのようになりますか?

カインとアベルが変わるのです

皆さん、アベル圏がこれまで追われる位置にいましたが

これからは天の国の長子権を持って立っているここに

サタンの天下は崩れなければならないということです

後退するだけであって、ここに対峙できるものが何もありません

対峙すれば獄殺撲殺されるのです

それが原理観です

資料:み言選集139巻-278ページ 1986.1.31



2015.5.8ブログより

最後のサタンとの戦いです

各自40日サタン分立期間を立てて出発しましょう

2016年は深刻
↓ ↓ ↓ ↓
http://s.ameblo.jp/tomutomud/entry-12112781301.html


原理講論と聖書、お父様と、お母様と、顕進様と、国進様と、亨進様のみ言を学び、真のご家庭の統一の架け橋となりましょう
クリック!